So-net無料ブログ作成

老後の資金問題と衆議院の解散「風」 [時事問題]

出先からですがスマホで投稿します

日本経済新聞の記事によると

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

とのこと。

オイオイ、うっかり長生きできないぜーって思っちゃいますけど、国の政策として、こんなこと公表して大丈夫なのかって、そっちのほうが心配です。

老後を保障するものとして年金、健康保険、介護保険などの制度があるのだから、安心して働いて、安心して充実した消費生活を送ってくださいって言ってきたのではありませんか?

「みなさん、2千万円用意しましたか、それがないと将来大変なことになりますよ、命があっても食いつなぐ金がなくなりますよ」って、そんなことをシラフで言うんですか?

国としての統合を欠いちゃってますよ。そんな国では税金なんか納めていられませんよ!
呆れます。


衆議院の解散風はだんだん本格的になってきましたね。解散は総理の専権事項って言ってますけど、勝っている政党が自分の好きな時に次の選挙をやるっていうやり方はどう考えてもフェアじゃありません。

そんな総理の権利などどこにも書いてないのですから(先日も書きましたけど)違法・違憲もいいところです。いつの間にか勝者が作った慣習に過ぎません。民主政治にとって最も大事な手続きがアンフェアでは、全てがいかがわしくなります。

総理が吹かす気まぐれな風による衆議院の解散など、とても容認できません。こんなことで良いのですか、メディアさん、NHKさん!


この記事、冒頭に「出先から投稿」と書きました。7日の12時37分に投稿しています。そのころは、
P6070516.jpg

アクアラインをくぐって
P6070522.jpg

鴨川シーワールドにいました。水族館が好きな孫一家に付き合って、三度目の鴨シー、シャチショー見学です。その合間の場所取り。シャチさんも休憩中、三頭でなにやら会議を長いことやっていました。
P6070538.jpg

この続きは次の記事に載せます。


nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感